2019年2月 4日 (月)

遅ればせながら

明けましておめでとうございます。

・・・おそっ!!!!!



桃太郎さんも凜太郎さんも、私もお嬢さんも、こぐまさんも元気です。


元気なのですが。

桃太郎さんは、新たに
「蛋白漏出性腸炎」
という病気が発症してしまいました。



現在治療中。
2週に一度、病院へ通っております。



この病気についても、また記述していきたいと思っております。




本当に遅いいですが。。。

本年も宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

心臓疾患との長いお付き合い

長く放置気味だったブログですが・・・。

書きたいことはいっぱい。

もしかしたら。
どなたかのお役に立てるかもしれないと始めたこのブログ。

くだらなーーーい日記も多々あるくせに(笑)
長いお付き合いになった桃太郎さんの心臓疾患の事に触れる内容がとても少ない!


ここは少しずつでもUPしていかないとなと、勝手に使命感に燃え始めております。








1535192294815

この夏、我が家の小さなプールに入れられ、助けを求める桃太郎さんと凜太郎くん。

元気そうな2匹ではありますが、桃太郎さんは2011年6月のドッグドックで「三尖弁閉鎖不全」及び「大動脈弁狭窄」と診断されました。

もう、かれこれ七年間以上、心臓疾患とお付き合いをしていることになるんですねぇ・・・。



長いこと「エナカルド錠 1」というお薬を毎日飲む生活をしていましたが、蘭ちゃんが亡くなった後、一時期お薬なしの生活を送れる時間もありました。
これは本当に奇跡のような時間で、私は、蘭ちゃんが、愛する旦那様の疾患を少しだけ持って行ってくれたんだと信じています。

現在は。

上記内容の疾患に加えて。
「肺高血圧症」も発症。

三種類のお薬を服用するようになりました。





そもそも。
三尖弁閉鎖不全ってなんなのさって話しなのですが。

とても簡単に説明すると・・・
血液を循環させている心臓の「扉」が上手く閉まらなくなる病気
なのだそうです。

左心房の扉に疾患があった場合は「僧房弁閉鎖不全」。
桃太郎さんの場合は右心房の疾患です。


小型犬に多く見られる病気らしく、よく病院で言われるのは、
「安静時の咳が増えていないか、必ずチェックして下さい」
という事。

「安静時の咳」というのが、代表的な症状のひとつなんですね。


進行すると「肺水腫」を起こす可能性がある、恐ろしい病気です。



そして、ももの場合はこの「三尖弁閉鎖不全症」から発展したのだろうと思われる「肺高血圧症」。

こいつも、症状としてはほとんど同じで、咳をしたり、疲れやすくなったり。
また、呼吸が浅くなったり早くなったり。
気にかけているとわかり易いものが多いかもしれません。

そして、私が一番気になるのが「ふらつき」。

ここ1~2年、ふらつきが酷くなった桃太郎さん。
もちろん加齢によるものも大きいかと思いますが・・・。

「肺高血圧の子は、ふらつきがよくみらるんだよね」

と、主治医の先生がおっしゃっていました。




今年の11月11日で、16歳。



確かに、元気に走って、飛んで跳ねてという年齢ではないけれども。

ふらふらとしている姿は、家族として胸がギュッと痛むけれども。




今日もモリモリとご飯を食べて、快便で、気持ち良さそうに眠っている桃太郎さんに、私は夜な夜な。

まだまだ。
まだまだだぞーーーーと、撫でながら呪詛の様につぶやいております・・・(笑)








ちょっとお金のお話も。


蘭ちゃんの闘病に際してかかった金額について記載した際にも書きましたが、病状や病院によって、治療費・お薬代は差があると思います。
あくまでもご参考までに。

現在飲んでいるお薬は

・エナカルド錠1(1日1回1錠)
・バルデナフィル錠(4分の1錠かな?1日3回)
・ピモベハート錠(1錠+4分の1を1日2回)

単純にお薬だけ、28日分で15,000円弱です。






少しずつお薬が増えるのは、本人の負担も考えると切なくなります。

でも。

いつも、主治医の先生が、
「こうやって薬を飲むことで、確実にももは楽になっているはずなんだ」
「まだまだ、頑張れるはずなんだ」
と仰って下さいます。

先生の仰る「頑張れる」は、無理をして生きることはなく、「楽しく快適に生きる」こと。
信頼関係の中で、私はそう理解しているので。


リスクばかりを思うのではなく、お薬を上手く利用することで、今、彼が楽しく快適な「老後ライフ」を過ごせているのなら最高じゃないか!と考えています。







病気が発覚してから七年。
歳をとれば、なんらかの病気とお付き合いしなくてはいけなくなる可能性が高くなるのは、人間も、犬猫も、命あるもの皆同じ。

今できることで、今を幸せにできたら、それでいいんだよねー。



Dsc_4504

ほら。

15歳でもやんちゃな顔でオヤツ食べられちゃうんだぜ!byももたろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

いぬごはん

またまたお久しぶりの日記です。

ここ数日暑さが和らいだ東京ですが。
桃太郎さんと凜太郎くん、2年ぶりのサマーカットを致しました!


1534401656314

Dsc_4502

か、可愛いーーーーーー!(親バカ)


凜太郎くんはポメハゲという症状があり、がっつり刈ってしまうと伸びてこないので軽めのカット。
桃太郎さんも、

「年齢的に、伸びない可能性もありますが・・・どうします?」

と聞かれましたが、その衰えを知らない毛ぶきの良さを信じて、今まで通りの丸刈り!!


ああ。
痩せたなぁ・・・とは感じましたが、とにかく本人が身軽で楽そうで、私的には大満足です♪



さらに、サマーカットには「お腹ピー対策」という局面もありまして。

桃太郎さん。
とにかくここ1年くらい下痢が多い。

豊かな被毛は、よくう○ちまみれになっておりました・・・。

悪い菌が検出されることもなく・・・ビオフェルミンを小さく砕いて毎日飲ませてみたり、試行錯誤していたのですが。

ここ最近、やっと答えに辿り着いたのかも??


フードプロセッサーでペースト状にしたご飯だと、お腹を壊さないんですよね。どうやら。


ああ、そうなのか。
年齢的に、消化が難しいのか・・・。
確実ではないですが、合点はいきました。

愛情込めて小さく刻んで、煮込んでいた手作りごはん。

食感が楽しめないなんて~と、フードプロセッサーを避けていたのですが。

こぐまさまが作るフープロご飯だと快便で、私の手で刻んだご飯だとお腹ぴーになった日がありまして。
これは・・・フードプロセッサーにお任せするしかない!と。

Dsc_4574

遊びに来てくれていた友人くみちょんが作ってくれた、超美味しそうなフープロ手作りごはん^^


もし、同じ様に高齢ワンコのお腹ピーに悩む方がいらっしゃいましたら、フードプロセッサーは試す価値ありです!

Dsc_4567

本日は動物病院デー。

待ち時間に、お嬢さんとお散歩をしました。

最近は、すっかり目が見えない桃太郎さん。
お散歩はあまり行かずに、もっぱら小さなお庭をウロウロしています。

今日も車通りの多いエリアはビクビクしていたかな。

しかし。
写真の場所は、子犬の頃毎日お散歩を楽しんでいたエリアなので、少しでも活力になればと歩いてみました。



確実に、年齢を重ねている事実。
増えたお薬や白内障等々に、その事実を痛感しながらの毎日です。


蘭ちゃんの闘病生活の中で知った「QOL(クオリティーオブライフ)」という言葉を、よく思います。

少しでも楽しく!
のんびり、ゆったり、桃太郎さんと凜太郎くんの時間が流れていって欲しい。
今の彼等にとって、より良いものを感じ取って選んでいってあげられたらいいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

元気です!

なんという放置っぷりでしょうか!


放置しておりましたが、ももりんも、私も、ムスメも、元気にやっております♪

Dsc_3842

ももはすっかり目が白くなり、お散歩が難しくなりました。
お腹も壊しやすくて・・・。
歳なんだなぁと実感します。

でも、元気ですよ!





去年は、とてもとても仲良くさせてもらっていたワンコを見送りました。

大きな手術を乗り越え、飼い主さんである私の友人の本当に本当に大きな愛につつまれながら頑張っていたCちゃん。

我が家のお庭を気に入ってくれて、少し楽しそうに歩いてくれたなぁ。



見送ることは、本当に悲しいことですが。
確実に蘭ちゃんも。
蘭ちゃんと同じく癌と闘い旅立ったAちゃんも。
今回のCちゃんも。
私の中に生きているし、私と友人、Aちゃんのお母さんとの、素敵な縁を繋いでくれたんだなぁと感じます。


上の画像の日。
動物病院で久々にAちゃんのお母さんにお会いできて、しみじみそう思いました。

偶然は必然。
新たに保護犬を迎えられ、生き生きとしていらした姿に、ああ、Aちゃんも喜んでいるだろうなぁと嬉しくなりました。



私も、いろいろあるけど笑顔でいなくては。

蘭ちゃんに叱られてしまう。




どうか、病名で検索してこのブログに辿り着いた皆様も・・・
少しでも笑顔で過ごす時間が多くなりますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

夏休み終了

今日で8月が終わりですね。

皆様、夏の思い出は沢山作られたでしょうか。

我が家は本当に何もせず・・・。
ただただ近場でうろうろしていた夏でした。

お嬢さんにとっては、初の「夏休み」。

ある程度楽しんではくれたかな。

ぼろマンションながら、庭付き物件に出会えて引っ越しをした為、お庭プールや、お庭BBQを開催しまくり!
ももりんも、暑くてお散歩がきつくても、お庭で日向ぼっこができます。

ありがたやー( ̄▽ ̄)



さて。

夏休み最後の夜。

久々に過去の日記を読み直してみました。


絶えることなく、「犬 扁平上皮癌」「犬 癌」等のワードで検索してブログに辿り着いて下さる方の多いこと。

それだけ、悩み苦しんでいる方が多いのだと思います。

さっき、ふと思い出したのですが・・・。



蘭ちゃんの闘病中、私は妊娠中で。
産院で、出産計画(バースコントロールといったかな?)についての話し合いの場がありました。

出産の予定日は11月末。

産後、1週間弱の入院がデフォルト。

「その入院は、1~2日にはなりませんか?」

私は、看護士さんにそう聞きました。


本来、産後は上げ膳据え膳でいたいし・・・入院バンザイ!という方が多いらしいのですが。
当時の私は蘭ちゃんのことで頭がいっぱい。

「犬が病気で、私がいないとご飯を食べないかもしれないんです。癌なんです。なんとか返しては貰えませんか?」

と、話しながら号泣し、看護士さんを困らせました。




共に暮らす飼い主こそ、笑顔で元気でいなくてはいけないのに、どこか追いつめられていたのかなーと、今は思います。





このブログに辿り着いた方が、ちょっとでも笑顔を取り戻して下さるといいな。

そんなことを思う、夏の終わりでした。





あー。
しかし。
親にとって、夏休みって疲れるもんなんだなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

4年目

7月28日、蘭ちゃんを見送って4年が経ちました。



早いなー。


当日は私の祖母の家で過ごしておりました。
蘭ちゃんも大好きだった、祖母宅のベランダ。

Dsc_1641

あつい~ by桃太郎



お部屋でマッタリ。

Dsc_1643

あ、ぶれぶれ(笑)




蘭ちゃんの火葬前に、祖母宅にいた母に蘭ちゃんの顔を見せることが出来たのも、あの日、旅立った蘭ちゃんからの贈り物だったかなか。



「腕の中で旅立ってくれることが、最後の贈り物」

先日、このブログへのコメントでそう教えて頂いて。
ああ、そうだなぁ。
本当にそうだなぁとシミジミしてしまいました。






今月は桃太郎さんのドックドッグ。

今回も良い結果だといいなぁ。






見送って4年。

つまり、お嬢さんも、今年で4歳。
早い―。

Dsc_1680

夏を満喫中です(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

ご無沙汰しております

なんと5ヶ月以上振りの更新。

誰か見て下さっているのだろうか・・・(笑)


お嬢さんの幼稚園入園に向けて、受験があったり。
(あ、至極普通の幼稚園に行きたかっただけなんです・・・凄いお受験とかではなく。)
なんだかなぁ。
忙しい毎日でございます。

無事幼稚園も決まりまして。

ももりんも元気で。

ちょっと、桃太郎さんの目にできものがあってそれが気になるのと、お薬が一つ増えたのが悲しい所なのですが・・・。

とにもかくにも、みんな元気!



Dsc_0475

激しくいやいやお散歩をされる桃太郎さん。

ああ・・・尻尾が垂れている・・・。


自分より絶対的に「下」の存在であるお嬢さんにリードを引かれる屈辱。



でも。
お嬢さん大喜び(笑)


Dsc_0491

お嬢さんが我が家にやってきて3年と4ケ月。

2匹と劇的に仲良くなることはないようです。

オヤツをくれる時以外は。







桃太郎さんは、今年で15歳。
凜太郎は13歳になります。

無事、元気にお誕生日を迎えて欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

お誕生日おめでとう。

桃太郎さん、昨日で14歳!!!


おめでとうーーーーーーー!!!


あ、凜太郎くんも10月で12歳になりました!


おめでとうーーーーーーーー!!!!



凜太郎、ついつい合同でお祝いになってしまう(笑)
忘れているわけではないのです。

ご、ごめんよ。




1111わんわんわんわんの日生れの桃太郎さん、覚え易くて祝い易くて、つい(笑)


Dsc_8365


Dsc_8374

おやつを貰う時だけは、吠えずに近づく2匹。




どんなに吠えられても、お嬢さんは2匹のことが大好きだそうです。




うんうん。
母は嬉しい。



「ももとりんは、おこりんぼうなんだよねえ」

そういいつつ、仲良くしたくてたまらない姿に萌えます(*^m^)






これからも、1日も長く元気でいて欲しい。

こぐまさまと、ももりんとお嬢さんと、蘭ちゃんの思い出を話しながら暮らしていきたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

大人の手足口病

手足口病ってご存知ですか。

私は、子供を産み育てるまで知りませんでした。


親子の集い等で、時折名前を聞いていたその病気・・・。


先日。
我が家の健康優良児が熱を出しまして。

本当に熱を出すことすら珍しい健康な人で、尚且つ、手の甲と足に軽い発疹(凹凸はなく赤みのある点々)が見られたので、病院へ行きました。

0~1歳児の多くが罹る「突発」と呼ばれる熱とは違いそうだし・・・。
はしか・風疹も違いそうだし・・・。
様子見ということで帰宅。

翌日にはすっかり熱も下がりまして。

数日後にあった、保育園の遠足にも無事参加。

お嬢さんすこぶる元気!!



・・・・・・なのは良かったのですが。



父、発熱。

その翌日、母、発熱。

父、手足口に発疹・口内炎多発。

母、半日遅れて同じ症状勃発。




ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ




これは何!?
何事!?

慌てて受診した結果、立派な手足口病でした・・・・・・。



そうか、お嬢さん。

君は手足口病だったのか。

でも、免疫力も体力もある君は、かるーい症状で済んだのか。



父と母は、大変な事になりまして。
その後1週間は自宅待機。自宅警備。

足裏痛くて、歩くのもやっと。

口の中が痛いから食べるのは辛いけど、お医者様より
「とにかく食べて寝ろ」
と、きつく言われた為、食事はさながら修行。

MAXにボロボロだった際の、足裏グロ画像がこちらです・・・。

あ、見たくない方はすっ飛ばして下さい・・・。







Dsc_8033




こぐまさまの足裏。

嗚呼、おいたわしや・・・・・つД`)




現在は完治したものの、発疹が出ていた手足の皮がボロボロと剥け、爪の一部が根元からささくれて来るという2次被害が出ております。





なんとも恐ろしい、大人の手足口病。

子供がなるよりも重篤な症状が出ることが多いそうです。



もし。
お子様に、身近な子供に、かるーーーくでも手足等に湿疹が出るような発熱があった場合。
御注意下さい!!!




ちなみに。
ももりんは、当たり前ですがうつることもなく元気です(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月30日 (金)

2歳児との暮らし

お嬢さんがこの世に生まれて、あと2カ月強で3年が経ちます。

桃太郎さんと凜太郎くんが、赤ちゃんと暮らし始めて3年・・・。
まだ寝てばかりの頃は興味津々で匂いを嗅ぎに来ていた2匹も、その傍若無人な動きに恐れをなして、恐れ戦き、吠えまくるようになって2年以上(笑)


Dsc_7783

ちょっと諦めてきてくれているとは思うんだけども。

「もー!いきなり走ってくると怖いよ!!」
「動きも声も大きくて嫌だよ!!」

等々。
ももりんの文句が聞こえてきそうな場面が多数。



テレビやネット上の動画で、子供とワンコが仲良くしている物なんかを見ると、うわーーーいいなーーーーあんな光景見たいなーーーーと、羨ましくなってしまいますが。

うーん。

我が家では無理なようです・・・。


お嬢さんが激し過ぎるのでしょうか???


なんだかわかりませんが、とにかく毎日、歌(ほぼオリジナル)を歌って踊りまくっている不思議な生き物なので、母も時折怖くなります。



ただ。
散々吠えられ、唸られているので、街で出会った動物達を不用意に撫でたり追い回したりは絶対にしない。
でも、動物大好き!
という子に育っているので、そこは有り難い所です。




さて。

話しは変わりますが、すっかり秋の色が濃くなってきましたね。

Dsc_7790

Dsc_7804

先日行った、代々木公園。

落ち葉カサカサ。
秋の音。

お散歩し易い季節がやってきましたなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«9月!!!!!